産業廃棄物処理

収集・運搬から、中間処理、最終処分や再生まで、複雑化する産業廃棄物にトータルで対応します。

廃石膏ボードリサイクル施設(第2エコパーク)

札幌市では、現在、年間約1万5千トンもの廃石膏ボードが埋立処分されています。

「廃石膏ボード」については、市内でのリサイクルが可能になったことから、令和3年4月1日(木曜日)より、札幌市山口処理場での受入が停止になります。(詳細は札幌市HP / 案内文(PDF:299KB)

『この廃石膏ボードがリサイクルに供されることになれば、処分場の延命にとどまらず、循環型社会構築におおいに貢献できる』

これが、私どもが廃石膏ボードリサイクル事業に着手した最大のモチベーションであります。
今後解体系廃石膏ボードの排出がピークを迎えることが想定されていますが、私どもは万全の態勢で皆さまのお引き合いをお待ちしております。

資源リサイクル施設

概要

建屋延床面積 1,709㎡
産廃許可 破砕80t/日
焼成 36t/日
保管 90.6㎥
再生製品 二水石膏粉
Ⅱ型無水石膏粉
(半水石膏粉)

廃石膏ボードはリサイクル工場で、2種類の再生石膏粉に生まれかわるんだ。
2種類というのは、二水石膏粉とⅡ型無水石膏粉だよ。
それぞれどんなところで再利用されるのか、基本的な計画が決まっているんだよ。

廃石膏ボードリサイクル施設Movie(動画)

廃石膏ボードのリサイクル

解体工事等から発生する廃石膏ボードは、従前からリサイクルよりも管理型埋立処分が主流となっています。再度原料化して流通させることで、埋立地の延命化や環境負荷の低減がはかられます。この度、公清企業はこの大きな課題に挑戦します。

今回新設の廃石膏ボードリサイクル施設は、「リサイクル特化施設」なので、通常の産廃処理施設よりは、受入条件が厳しく設定されているんだよ。
でも、リサイクル施設から有害製品が拡散されたら、環境汚染を招くことになり、施設の意味がなくなっちゃうんだよね。

廃石膏ボード処理委託契約までの流れ

  • 物件発生(予定)問い合わせ
  • 事前調査資料収集説明
  • 「調査・確認書」記載弊社様式お渡し

▼︎

  • 現場保管状況等確認
  • 製品受入品質(ランク)の設定
  • 産廃処理委託契約書締結
  • 受入

詳細はお問合せください

本社代表(011)221-8881

廃石膏ボードリサイクル施設(011)791-1528

営業担当(011)792-3770

  • 物件が発生又は予定の場合は上記までご一報ねがいます。
  • 営業より廃石膏ボードの受入条件及び単価等についてご説明させていただきます。
  • リサイクル特化施設につき、一定の受入品質設定にはご理解願います。
  • H24国土交通省「廃石膏ボード 現場分別解体マニュアル」に対応した解体系の廃石膏ボード 又は、新材(新築系)をお受けいたします。
  • 弊社様式「調査・確認書」は有害物質等を含む廃材の搬入を 防ぐための必要な対応ですので、ご協力願います。
  • 既存情報がない場合は、分析が必要となることがあります。
  • 廃石膏ボードは保管状態に よっては、「リサイクル不可」 になる場合がありますので、湿気等には特にご注意ください。
  • 「リサイクル不可」と判断された廃材は、産廃物として適正に 対応願います。
  • 現場確認後に廃材の状態に変化が生じた場合は受入判断が変わ ることがあります。
  • 荷姿は、フレコン詰もしくは網カゴを原則といたしますので、ご協力願います。
  • 稀に、バラでの受入を容認することがありますが、条件等については別途ご協議願います。
  • 産廃処理委託契約書締結に至った段階で、搬入(受入)予定についてご協議願います。

廃石膏ボード受入基準

分類 品 質 状 態 受入施設
リサイクル適合品
A規格

◆新築系 廃石膏ボード 

  • 異物、付着物が無く、水濡れしていないもの
第2エコパーク
廃石膏ボードリサイクル施設
B規格

◆解体系 廃石膏ボード

  • 異物、付着物が無く、水濡れしていないもの
  • 有害物質不含チェック済みのもの
リサイクル不適物混合品
上記規格外
  • 解体材で付着物や水濡れ等が無い場合でも、搬入物が有害物質等不含チェック未実施のもの(※国土交通省発行の廃石膏ボード現場分別解体マニュアルに準拠)は、規格外扱いとなります。
    アスベスト、重金属が含有されているものは受け入れできません。
第2エコパーク資源リサイクル施設
  • その他異物混入でリサイクル不適と判断される廃石膏ボード
受入不可
受入不可品
  • ケイカル板、ALC板、スレート等石膏ボード以外のもの
  • アスベスト含有物
  • ヒ素、カドミウム等有害物質含有物
  • 水濡れ品(石膏部分まで浸透したもの)
  • ビニルクロス、岩綿吸音板以外が付着で選別不可品
  • 土砂等ミンチ状のものが混入した選別不可品
  • 多量のモルタル、土壁または岩綿等の付着品
  • 塗料が分厚く塗布されたもの
  • 粉粒状品
  • その他、受入困難と判断されたもの

※受入不可品をお持込みの場合は、返品とさせていただきます。

個別のご相談に
応じます
 
備考 ケイカル板:ケイ酸カルシウム板
ALC:軽量気泡コンクリート
スレート:セメント+繊維質(アスベストの場合あり)
有害物質の分析データの評価については、別途ご相談ください
 

弊社第2エコパーク「廃石膏ボードリサイクル施設」は、廃石膏ボードに特化したリサイクル施設ですので、リサイクルに供する受入条件を満たすもののみの受入となります。 事前に、弊社営業部等との協議をお願いいたします。 ご連絡のないお持込みは受入できかねますので、ご了承ください。