当社スローガン

必要と言いきれる仕事。

私たち公清企業の仕事を、一言で表すのはとても難しいことです。
市民の暮らしを支えるために、道路清掃業務からゴミ・産業廃棄物の運搬から
中間処理および最終処分、そして環境を考慮したリサイクル処理までを担当しています。
他にも、上下水道や油タンクの清掃業務、土壌汚染の調査、そして除去なども行います。

どれも、決して華やかな仕事ではないかもしれません。

しかし、私たちの誰もが「誰かがやらなきゃいけない」という想いと、
「環境や未来のために必要だ」という矜持を持って仕事をしています。

私たちの仕事は、誰に聞かれても「必要と言いきれる仕事」です。
みんなのために、環境のために、地球のために。
必要と言いきれる私たちの職員が、今日も頑張っております。

会長あいさつ

昭和32年創業以来、地域の方々の生活の中で下記の仕事をしている会社です。
・し尿・ごみ収集
・下水道メンテナンス
・廃棄物の処理・リサイクル・資源化
・環境アドバイス
・道路の清掃・整備
・建設工事
“必要”が私たちの仕事の原点でしたし、今も原動力です。
これからは人口減少社会、脱炭素社会、グローバル社会等々未知の社会構造へ移行していきます。当然ながら、私たちの役割も徐々に、大きく変わっていきますが、今まで通り地域の快適さを維持する担い手であり続けます。地域社会への貢献は経営の大きな柱です。
私たちは、道内や全国の多くの仕事仲間との共業が得意です。それぞれに同じ目標を目指して一歩々々進め、いつも次の一歩を探索しています。
夜間、大雪の中、地震災害の中、そして平時、共に働く多くの社員がいます。任せてください。

株式会社 公清企業
代表取締役会長
原田 利明

社長あいさつ

札幌市の環境衛生事業に取り組み、信用信頼を築き上げてくれた先人たちのおかげで、我々は現在ここに立って居られます。
先人たちへの感謝の気持ちでいっぱいです。
今後の展望といたしましては、

・管更生事業の拡大
・石膏ボードリサイクル施設の新たな取組
・おむつリサイクル事業の取組
・プラスチック資源循環促進法による事業の検討
・下水道汚泥堆肥化事業の検討

を視野に入れております。
これからの社会において、環境ビジネスを柱とした取り組みが、地域社会への貢献であり、我々の会社の発展のカギになっていくと考えております。
従業員一人ひとりが、生きがいを持てる職場環境を構築していく所存です。

私たちは社会に生かされているという考えから、社会への恩返しができるように努力して参ります。

株式会社 公清企業
代表取締役社長
福田 年勝

会社概要

会社名 株式会社 公清企業
代表者 福田 年勝
役員一覧
代表取締役会長
原田 利明
代表取締役社長
福田 年勝
取締役副社長
鳴海 雅毅
専務取締役
谷村 直紀
専務取締役
東 弘基
取締役
杉澤 和俊
監査役
児玉 寛
設立年月 1957年4月(2019年4月 株式会社公清企業に組織変更)
払込出資金総額 46,936,000円
決算期 3月
従業員 510名
取引銀行 北海道銀行 創成支店 / 北洋銀行 本店営業部
事業内容 産業廃棄物処理業・清掃事業・廃油処理業・環境測定分析事業・土木工事業・その他の建設事業

拠点一覧

本社
本社 (総務部・経理部・営業部・業務部) 060-0031 北海道札幌市中央区北1条東15丁目140番地
TEL 011-221-8881
FAX 011-221-6501
じん芥部
じん芥部 060-0031 北海道札幌市中央区北1条東15丁目140番地
TEL 011-222-8338
FAX 011-222-8336
環境測定分析所
環境測定分析所 (業務係、環境計量係、環境調査係) 063-0837 北海道札幌市西区発寒17条14丁目3番35号
TEL 011-668-5310
FAX 011-668-8410
発寒営業所
発寒営業所 (第一工事部)業務課・維持管理課
(第二工事部)土木課・保全課
063-0837 北海道札幌市西区発寒17条14丁目3番35号
TEL 011-662-5677
FAX 011-662-5685
第二発寒営業所
第二発寒営業所 (第一工事部)清掃課
(環境測定分析所)環境土壌係・ビル管理・維持係
063-0835 北海道札幌市西区発寒15条14丁目4番50号
TEL 011-668-4682
FAX 011-668-4683
石狩含浸工場
石狩含浸工場 061-3243 北海道石狩市新港東2丁目18番4号
TEL 0133-62-3000
FAX 0133-62-3000
エコパーク
エコパーク 007-0890 北海道札幌市東区中沼町45番地23
TEL 011-792-3770
FAX 011-792-4543
資源リサイクル施設 第2エコパーク
資源リサイクル施設 第2エコパーク 007-0890 北海道札幌市東区中沼町45番地57(リサイクル団地内)
TEL 011-791-1130
FAX 011-791-1131
廃石膏ボードリサイクル施設 第2エコパーク
廃石膏ボードリサイクル施設 第2エコパーク 007-0890 北海道札幌市東区中沼町45番地57(リサイクル団地内)
TEL 011-791-1528
FAX 011-791-1530
新川営業所
新川営業所 (じん芥部) 001-0931 北海道札幌市北区新川西1条1丁目1番17号
TEL 011-792-5510
FAX 011-792-5509
東雁来自動車整備工場
東雁来自動車整備工場 007-0827 北海道札幌市東区東雁来7条2丁目2-1
TEL 011-788-8100
FAX 011-788-8300
東雁来自動車整備工場
東雁来自動車整備工場内観

環境への取組

持続可能な開発目標(SDGs)の取組を宣言しました

当社は11月1日、2015年9月に国連サミットで採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」に賛同し、その取組について実行する宣言を致しました。
このSDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことで、 17のゴール・169のターゲットから構成されており、人権、環境、気候変動、インフラ整備のほか、地球上に係わる多くの諸課題について、個人、企業、学校等の単位で、それぞれの活動に即した目標を定め、その取組を宣言し活動していくものです。

SDGs
  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう
  • SDGs
SDGs宣言書

当社は国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)に賛同し、
SDGsの達成に向けた取組を行っていくことを宣言します。

SDGsの達成に向けた取組

持続可能な社会への貢献

多種多様な廃棄物の収集・運搬・中間処理・リサイクル処理・最終処理までを総合的に行うことで「資源循環型社会」の実現をめざし、地域社会に貢献します。

具体的な取り組み
  • 自社技術(LC-LL工法)の適正な管理と推進
  • 品質マネジメントシステム(ISO9001)の推進
  • 環境マネジメントシステム(ISO14001)の推進
  • 地域の社会資本整備への貢献
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう

環境への配慮

環境マネジメントシステム(ISO14001)に準じ、多様な廃棄物を適切かつ柔軟に処理します。また、環境への負荷を最小限に抑えるとともに、廃棄物の再利用を促進します。

具体的な取り組み
  • 廃石膏ボードリサイクル事業の推進
  • 廃油リサイクル事業の推進
  • 汚泥の処理・再生
  • 自家発電・利用
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう

働きやすい職場づくり

多様な人材が働きやすい職場環境を整備し、全従業員がそれぞれの業務についてプライドを持つことで、意欲的に働ける組織作りを実践します。

具体的な取り組み
  • 役職員スキルアップへの積極支援
  • 積極的な社内研修の実施・社外研修の参加
  • 安全な就業環境の整備
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 平和と公正をすべての人に

地域への貢献

「地域社会に貢献し続ける」という経営理念を実践すべく、事業活動だけではなく、社会奉仕活動を通し、地域にとってなくてはならない存在を常に目指します。

具体的な取り組み
  • 福祉除雪活動、クリック募金活動
  • 地域における災害復旧に関する協定締結
  • 学生インターンシップの積極的受入
  • 工場見学の受入
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう

「SDGs」(Sustainable Development Goals)とは、持続可能な国際社会の実現のため、2030年までの目標を国連が定めたものです。 世界中でSDGsへの取組、ESG投資、エシカル消費等持続可能な社会実現に向けた取り組みが広がっています。

  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう

SDGsへの取組宣言に伴い、
「北海道 to the future プロジェクト」に参加しました

SDGs北海道から未来へ「石こうボードをリサイクル」
2022年3月24日放送